愛媛県松山市 自動車ガラス、カーフィルム、ボディーコーティング専門店 あなたの愛車の強力な味方カーディテイリングサービスのプロ集団 カービューティーセンター HOME 交通アクセス お問い合わせ サイトマップ
089-971-8011

 愛媛県松山市 自動車ガラス、カーフィルム、ボディーコーティング専門店 あなたの愛車の強力な味方カーディテイリングサービスのプロ集団 

HOME >>カーコーティング>>ボディ磨き
サービスインフォメーション
自動車ガラス、ボディーコーティングのカービューティーセンターブログ 断熱フロントガラス SUNTECT(サンテクト)
熱反射フロントガラス COATTECT(コートテクト)

ボディ磨き

美しいコーティングにはしっかりとした下地作りが必須! 当店自慢の磨き職人が磨きます!
■当店のこだわり
 
研磨技術はすべてを左右する大切な工程です
ボディ磨きイメージどんなに素晴らしいコーティングでも研磨技術の差で仕上がりと性能が大きく左右します。たた傷を消し艶を出すだけの研磨ならば誰にでもできるものです。当店は研磨を芸術と考え、お客様のお車をじっくり時間をかけ仕上げていきます。
コーティングはホームページなどで性能や持続性を確認することができますが研磨技術は施工を依頼してみないとわからない部分です。きっとお客様が感動できる仕上がりをご提供します。
 
傷を消すために塗装を削りすぎるとデメリットが大きい
ボディ磨きイメージ削ってしまった塗装は元に戻せません
塗装を削り過ぎれば塗装強度が下がります
研磨する以上、研磨傷がゼロになることはありません
適正な研磨を行わないとコーティング性能に影響します
一般的な硬化皮膜系コーティング剤では減った膜厚は補充できません
 
通常の研磨工程では傷を消すために、粗めのバフと研磨剤を使い一旦傷の深さ以上に塗装を削ります。削ったために出来た研磨傷を次工程で消しながら更に塗装を削り、この工程を何工程か行い傷のない塗装表面に仕上げて行きますが、傷がなくなった以外に塗装にとっては何のメリットもなく逆にマイナスになった状態であることが事実です。その後、どんなに高性能だと言われる硬化皮膜系コーティング剤を施工しても削って薄くなり強度のない状態では現実的にお客様が望むほどの性能が発揮出来ていないのが事実ではないでしょうか?特に最新の塗装は純正塗装から膜厚が薄く今まで以上に削るという工程が難しくなっているのも事実です。多く行われている「鏡面仕上げ」や「塗装肌」を変えてしまうような研磨方法は塗装にとって何のメリットもありません。
 

■研磨工法とは

 
塗装を極力削らず傷を消していく、研磨工法
研磨工法塗装を極端に削らないための専用ポリッシャーを使用します
研磨傷を極力入れない研磨技法のため、塗装を削りすぎません
研磨行程が極端に少ないため必要以上に塗装を削りません
塗装に優しい商材を使用するので塗装にダメージを与えません
特殊工法をマスターした技術者が施工します