愛媛県松山市 自動車ガラス、カーフィルム、ボディーコーティング専門店 あなたの愛車の強力な味方カーディテイリングサービスのプロ集団 カービューティーセンター HOME 交通アクセス お問い合わせ サイトマップ
089-971-8011

 愛媛県松山市 自動車ガラス、カーフィルム、ボディーコーティング専門店 あなたの愛車の強力な味方カーディテイリングサービスのプロ集団 

HOME >>カーフィルム >>ウインコスプレミアムフィルム
サービスインフォメーション
自動車ガラス、ボディーコーティングのカービューティーセンターブログ 断熱フロントガラス SUNTECT(サンテクト)
熱反射フロントガラス COATTECT(コートテクト)

ウインコスプレミアムフィルム

太陽から、あなたのの大切な人を守るカーフィルムです!
 
■高断熱性フィルム ウインコスプレミアムフィルムとは
ウインコスプレミアムフィルムは従来のフィルムに比べて断熱性能を大幅に強化した高性能カーフィルムです。
従来のフィルムですと熱の流入を抑えるには出来るだけ暗いフィルムを貼る事が有効でしたがウインコスプレミアムフィルムは明るくても従来の一番暗いフィルムよりも断熱性能に優れています。
是非省エネにもなって車内の暑さを抑える事が出来るウインコスプレミアムフィルムをお勧めします。
 
ウインコスプレミアムフィルムの光学的性能

* 自動車窓ガラス用フィルム JIS S 3107に準拠
※遮へい係数とは、太陽光線の室内への流入熱量を表す相対値で、3mmフロートガラスを1.00とし、ガラスに各フィルムを貼ったときの数値です。
※熱貫流率とは、3mmフロートガラス(フィルム貼付時)の両側の空気温度差1℃のとき、1m2当たり1時間に伝わる熱量を示した数値です。
※日射熱除去率とは、窓ガラスに当たる太陽エネルギーの量を100%とした場合、室内に流入しないエネルギーの比率です。
※データの数値については実測値であり、保証値ではありません。
 
多様なデータに裏づけされた高断熱性能
新たに開発したIR(Infrared Radiation:赤外線)カット処方により、熱エネルギーの高い赤外線域を90%以上カット。フィルムの透明性を維持しつつ、従来にない高い断熱性を実現しています。もちろんUV(紫外線)も99%以上カットします。
【皮膚の温度上昇】
5mmフロートガラス(フィルム貼付)を通した日射による、皮膚表面の温度上昇の比較データ。
【ブラックパネルの温度上昇】
5mmフロートガラス(フィルム貼付)を通した日射による、ブラックパネル表面の温度上昇の比較データ。
【車内の温度上昇】
<車内の温度上昇 測定条件>
・測定日 2007年4月 ・気温 最高気温17℃/最低気温4℃
・天候 晴れ時々曇り ・測定時間 9:00〜17:00までの1時間ごとに測定
・使用温度計 温度履歴記録システム「サーモリーフ」 ・測定車両 RV車
・測定箇所 後面ガラス ・使用フィルム HCN-70

最高気温が高くない環境下でも、暑さがピークの時間帯ではフィルムなしの場合と比べ約10℃の温度差が発生。


【光学チャート】
太陽光線のエネルギー比率は、おおよそ紫外線(波長領域280〜380nm)5%、可視光線(同380〜780nm)45%、近赤外線(同780〜2,500nm)50%となっており、一般にウインドーフィルムは、可視光線や赤外線を大きくカットすることで高い断熱効果が得られます(1nm=1/1,000μm)。
ウインコスプレミアムフィルムは、目に見えない赤外線域を中心に日射をカットすすることで、車内からの高い視認性と優れた断熱性を両立しています。
※3mmフロートガラスにフィルムを貼付した時の実測値